世界一周堂は世界一周航空券のプロフェッショナルです。あなたの世界一周旅行をサポートいたします

世界一周航空券お問い合わせはこちら

サイト内検索

滞在可能都市数

滞在都市数に関しても色々な制限があります。 主に次の3点です。
最低滞在都市数、最高滞在都市数、同一都市滞在回数。

主要3グループについて表にまとめてみました。

  最低滞在回数 最高滞在回数 同一都市滞在回数
スターアライアンス 3回 15回 1回のみ
スカイチーム 3回 15回 1回のみ
ワンワールド 2回 なし 制限無

スターアライアンス、スカイチームは、同一都市の滞在は1回のみなので、滞在可能都市数は3都市~15都市になります。

ワンワールドは最高滞在回数には制限がなく無制限のように思えますが、実は別な項目で制限があります。 それが区間(フライト)制限です。(下表参照)
区間(フライト)の制限があるので、実際には滞在可能都市数も制限されます。

全旅程 アジア ヨーロッパ アフリカ 北米 南米 オセアニア
16区間 4区間 4区間 4区間 6区間 4区間 4区間


区間(フライト)は、経由する場合も1区間とカウントされます。
東京-(香港:経由)-バンコク(滞在) の場合は2区間になります。

直行便がないと経由して2区間かかります。直行便は少ないので1大陸の滞在可能都市は、おおよそ2~3都市となります。

それでは、どういう場合が滞在なのでしょうか。
この3グループでは、24時間以上居ることを滞在(途中降機)としています。24時間以内なら経由になります。

24時間以内しか居ない都市は、自分で途中降機と思っていても経由扱いになります。
最低滞在回数の条件があるグループは注意が必要です。

ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスの3都市のみにスターアライアンスを利用しようと思ったとします。

でも、1都市でも24時間以内に出てしまうと経由扱いになるので、滞在回数が2回になってしまい最低滞在回数を クリア出来なくなってしまいます。

短期間の旅行の際には注意しましょう。

最低滞在回数、最高滞在回数、同一都市滞在回数に制限がある。

※ワンワールドは滞在回数ではなく、区間(フライト)で制限をかけています。

このページのトップへ