世界一周堂は世界一周航空券のプロフェッショナルです。あなたの世界一周旅行をサポートいたします。

トップ > 世界一周航空券について > 世界一周航空券の種類 > グローバルエクスプローラー

世界一周航空券お問い合わせはこちら

サイト内検索

グローバルエクスプローラー

【更新情報】

2016.08 料金改定でエコノミー値下げ、ファースト値上げとなりました
2015.12 ジェットスタージャパン、アジア、パシフィックが利用可能になりました

特徴 ●ワンワールド系列航空会社+α のマイル制・世界一周航空券。
●ビジネス・ファーストクラスは34000マイル以内の1種類のみ。
●飛行機は最大で16回まで利用できます。※ただし、各自移動区間も1区間とカウント
●ワンワールドと違い、各大陸4回までの途中降機(滞在)回数が可能。 ●一度出た大陸にもう一度入ることは出来ません。
利用可能航空会社 アメリカン航空(AA)/英国航空(BA)/キャセイパシフィック航空(CX)/カンタス航空(QF)/フィンランド航空(AY)/イベリア航空(IB)/ラン航空(LA)/日本航空(JL)/ロイヤルヨルダン航空(RJ)/シベリア航空(S7)/エアベルリン(AB)/マレーシア航空(MH)/エアリンガス(EI)/フィジー航空(FJ)/ガルフエアー(GF)/アラスカ航空(AS)/メリディアナ航空(IG)/ウェストジェット(WS)/カタール航空(QR)/スリランカ航空(UL)/バンコク航空(PG)/ジェットスター(JQ)/ジェットスターアジア(3K)、/ジェットスターパシフィック(BL)/ジェットスタージャパン(GK)
有効期間 最低旅行日数制限なし(全行程で2回の途中降機が必要)。有効期間は1年以内。
運賃名称 エコノミー ビジネス ファースト
29,000マイル以内 354,600円
369,600円
--- ---
34,000マイル以内 418,800円
433,800円
780,400円 1,182,500円
1,126,100円
39,000マイル以内 485,000円
500,000円
--- ---
※ただしTAX(出国税・空港施設利用料・保険料等)が別途かかります。
※ビジネス、ファーストクラスは34000マイル以内のみの設定です。
※料金はルール改定の関係で事前の予告なく変動致します。(2016年8月更新)

●就航図ボタンをクリックすると詳細図が表示されます。
※就航図は就航便の一部を表示しています。また、就航便は急な変更もありますので参考までとして、最新情報はワンワールド公式HPでご確認ください


●グローバルエクスプローラーに適した人・ルートは?
(1) ワンワールド+αの航空会社を利用したい人
ワンワールドに加盟していない航空会社も広くカバーしているため、例えば、ワンワールドでは周遊し難い、南西太平洋、中東、カナダ、アラスカ周遊を希望する人に特にオススメ。
(2) 4大陸、10,15都市ぐらいまでの周遊でOKな人
ワンワールドと違って、マイル制運賃のため、5大陸、6大陸を周遊したい場合は難しいケースが。多くてもアジア、オセアニア、南米、北米、欧州の5大陸でかつ各大陸2,3都市周遊がMAXの目安。
(3) オーストラリアや環太平洋の島々、タヒチ、イースター島に行きたい人
‥オークランド⇒タヒチ⇒イースター島⇒サンチアゴ‥と夢の南大西洋横断ルートが組めます。ワンワールドではこのルートをすべてカバー出来ないので、タヒチもイースター島も寄りたいという人はグローバルで考えてみよう。
(4) アジアを自力移動を組み合わせて周遊したい人
ワンワールド同様にグローバルではアジア大陸の途中降機が2回までと制限があるため、複数都市周遊したい人は各自移動をうまく多用しよう。
(5) 南米を周遊したい人
グローバルでは、南米旅行を希望する人が多いのです。特にリマやイースター島など他の世界一周航空券では行きずらい都市もグローバルならカバーできます。南米内で4回の途中降機(滞在)ができます。

●グローバルでルート作成、ここがポイント!
【ルールの特徴】
(1) ワンワールドと違い、途中降機(滞在)回数に制限があります。
各大陸のフライト回数には制限がない分、最大4回の途中降機という制限が設けられています。たくさんの都市を周遊したい人はマイルと共に途中降機数にも要注意。
(2) 飛行機は全部で16回までしか利用できません。
乗り換え便の場合(成田→香港経由→バンコク)でも【→】2区間利用した事になるので注意。
各自移動・違う空港の場合(…パリ/[鉄道]/ロンドン…、または…羽田//成田…)でも1区間利用した事になるので注意。
(3) 同じ地域を行ったり来たりできません。
各地域(北米、南米、欧州、アジア、アフリカ、中東、南西太平洋)をまたいでの逆行はできません。例、欧州→アフリカor中東→欧州、北米→南米→北米、アジア→オセアニア→アジアはできません。
(4) 共同運航便に注意。
グループ内の航空会社の便名が付いていても他の航空会社とのコードシェア便(共同運航便)の場合は要確認。グループ以外の航空会社とのコードシェア便は利用できる場合と出来ない場合があります。特にアメリカン航空の便名が付いている西海岸からシアトルorバンクーバー線、その他クリスマス島線は利用できないので気をつけて下さい。
(5) 短期間で世界一周を予定している人にお薦め。
ワンワールドと同じく、必要最低旅行日数制限が撤廃されたため、全行程で最低2か所で24時間以上の滞在を組み入れればOK。弾丸世界一周で、3泊5日といった旅程も可能なため、海外出張などでも使えます。
【地域別の特徴】
(1) アジアは香港、クアラルンプール、コロンボが拠点になります。
日本からは主に日本航空、キャセイパシフィック航空、マレーシア航空、スリランカ航空を利用してアジアの主要都市に向かいます。アジア内も多くの路線を持っているため、周遊も可能だが、2回の途中降機を守るようにうまく組んでみよう。
(2) ヨーロッパは1.ロンドン、2.マドリット、3.ヘルシンキ、4.ベルリンなどが拠点になります。
日本からはロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、モスクワに直行便が運行してます。ヨーロッパ周遊は英国航空・イベリア航空、フィンランド航空、エアリンガス、東欧はエアベルリンの利用となるため、主に上記発着便の利用がメインとなります。
(3) 中東はバーレーンとアンマン、ドーハが拠点になります。
中東拠点の3社が使えるため、周遊は自由自在だ。バーレーン拠点のガルフエアー、アンマン拠点のロイヤルヨルダン航空、ドーハ拠点のカタール航空をうまく利用しよう。
(4) アフリカは南ア(ヨハネスバーグ)が拠点になります。
BA子会社のCOMAIRの利用になります。ケープタウンやヨハネスバーグ周辺の周遊が可能です。残念ながら人気のケニアへは南アから直接路線がないので、例えばそこまで各自移動(別途航空券購入)して、ナイロビ→ロンドン線の利用となります。なお、欧州→アフリカ→欧州の移動は出来ないので、アフリカ大陸を含む世界一周の場合は、INかOUTに香港、クアラルンプール⇔ヨハネスバーグ(シドニーまたはパース⇔ヨハネスバーグ)便の利用が必要になります。
(5) 北中米周遊はアメリカン航空とアラスカ航空、ウェストジェットの利用となります。
日本からは、ホノルル・ロス・サンフランシスコ・サンディアゴ・バンクーバー・シカゴ・ダラス・NY・ボストンへ、アメリカン航空・日本航空の直行便が運行してます。ハブ空港はダラス、シカゴ、マイアミです。なお、アラスカ航空やウェストジェットが参加しているため、ネックだった西海岸への移動・アラスカ・カナダ周遊が可能となりました。なお、キャセイパシフィック航空がバンクーバー⇔NY線の大陸横断便を運行しているのでカナダが絡む場合はうまく利用してみよう。
(6) 中米・カリブ海は主にアメリカン航空の利用となります。
メキシカーナ航空の経営破たんにより、中米を拠点にした周遊が難しくなったが、マイアミ・ダラス・NY発着のアメリカン航空の路線を使ってアクセスできる。また、ロンドンやマドリットからカリブ諸島に複数路線があります。なお、注意点としてキューバを世界一周ルートに入れてしまうと、アメリカン航空が利用できなくなりますので、行きたい時はカンクンや近郊都市から各自移動(別途航空券購入)でフォローして。
(7) 南米はサンチアゴ、リマが拠点になります。
南米内の周遊はラン航空の利用になりますので、主にサンチアゴが拠点となりますが、リマ拠点のランペルー航空も利用できますので、うまく利用して。人気のサンチアゴ⇔イースター島線も利用できます。また、イースター島[南米]⇔タヒチ・パペーテ[オセアニア]⇔オークランドの島間の大陸横断便も利用できるのがグローバルの特徴です。サンチアゴ・ブエノスアイレス⇔オークランド(シドニー)線の南太平洋横断便も使えます。
(8) オセアニアはカンタス航空の利用となります。
日本からは、シドニー・ブリスベン・メルボルン・パースへカンタス航空・日本航空が直行便を運行しています。 オーストラリア、ニュージーランドの周遊は主にカンタス航空の利用となります。特徴としてカンタス航空の便名が付いていれば、エアタヒチヌイとのコードシェア便が利用出来ますので、島々への周遊(人気のタヒチ発着)も可能です。
以下のoneworld加盟航空会社も利用可
AA:American Eagle(SkyWest・ExpressJet運航のAmerican Eagle便を含む) American Connection(Chautauqua及びResional Air運航のAmerican Connection便を含む)
AB:Belair/Germania/LGW/TUIfly
AS: Horizon Air
BA:Comair(MN)/Sun-Air of Scandinavia/BA CityFlyer including flights operated by Eastern Airways/Open Skies/BA Limited
IB:Air Nostrum/Gestair/Iberia Express
JL:J-air/JAL Express
LA: Lan Express/Lan Peru
QF: Alliance Airlines/Eastern Austraria/Jetconnect/National Jet Systems、 Sunstate Airlines運航のQantasLink
S7:Globus
AY:SmartLynx/Privilege Style/Flybe Finland
(注)
1.参加航空会社以外が運航しているコードシェア便の利用は不可
2.ただし、カンタス航空便でエアタヒチヌイ、ベトナム航空、南アフリカ航空とのコードシェア便は利用可能
3.BA/QF便名の地上運送手段を運賃の一部に含めるのは不可
●利用条件詳細
利用航空会社 アメリカン航空(AA)/英国航空(BA)/キャセイパシフィック航空(CX)/カンタス航空(QF)/フィンランド航空(AY)/イベリア航空(IB)/ラン航空(LA)/日本航空(JL)/ロイヤルヨルダン航空(RJ)/シベリア航空(S7)/エアベルリン(AB)/マレーシア航空(MH)/エアリンガス(EI)/フィジー航空(FJ)/ガルフエアー(GF)/アラスカ航空(AS)/メリディアナ航空(IG)/ウェストジェット(WS)/カタール航空(QR)/スリランカ航空(UL)/バンコク航空(PG)/ジェットスター(JQ)/ジェットスターアジア(3K)、/ジェットスターパシフィック(BL)/ジェットスタージャパン(GK)
有効期間 最低旅行日数制限なし(全行程で2回の途中降機が必要)。有効期間は1年以内。
途中降機 各大陸(欧州、中東、アフリカ、アジア、オセアニア、北米、南米)内では、それぞれ最大4回までの途中降機となります。
※ただし、出発大陸のアジアでは、2回まで
ルート 全旅程で最大16区間まで (区間=フライト、各自移動を含む)
●全旅程・各大陸内で途中降機数に制限があります。※上記参照↑
●旅行パターン
太平洋、大西洋をそれぞれ1回のみ横断・経由して日本に戻る世界一周旅行にご使用いただけます。途中で日本に途中降機または経由するようなルートは組めません。
●大陸間移動は、東方向、西方向と一方向とし、大陸をまたいで逆行することは不可
※ただし、豪州と欧州の移動でアジアを2度通過する場合は、アジアは経由のみで途中降機しないフライト利用であれば可能。
※大陸内の移動については逆行可能
予約・変更 ●再発券を伴わない予約変更は無料
●出発後のルート変更は1回につき125US$支払う事で可能
※出発後の変更は現地航空会社オフィス、空港で各自で手続きすることになります。
●米国内、カナダ国内または米国-カナダ間の区間でビジネスクラスの席がない機材の場合、ビジネスクラス運賃でファーストクラスの利用が可能。
●予約クラスは基本的にエコノミー:L、ビジネス:D、AY/EI/LA/LP/JL国内線:Y、JAL国内線:J)、ファースト:A(JAL:A、AY/EI/LA/LP国内線:Y、JAL国内線:J)になります。(マイルの加算条件などの確認に必要です)
その他 ●子供料金(2歳から11歳まで):大人料金の75%
●幼児料金(2歳未満・座席不使用):大人料金の10%
●マイルは各航空会社のFFPに加算可能(ただし航空会社により加算率に違いあり)

このページのトップへ